スローコアピローPRO-EX 特許

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

スローコアピローPRO-EXは特許出願中の頸椎枕だそうで。

読了までの目安時間:約 10分

あまり調子が良くない首の状態を何とかすべく購入した、「スローコアピロー」。

 

この枕、よく見たら「スローコアピローPRO-EX」という名前がついています。

 

 

 

スローコアピローPRO-EX

 

 

 

パンフの上のほうに、「さらなる進化を遂げた」って書いてあります。進化する前はは「PRO-EX」なんてついてなかったんでしょうね。

 

では一体、どのような進化を遂げたのでしょうか?パンフにしっかり記載されていますので、1つ1つチェックしてみましょう。

 

 

 

人間工学に基づいたデザインで、頸椎を矯正!

 

 

k0497

 

 

 

人間工学ですよ、人間工学!理想的である頸椎の湾曲をしっかり枕に反映させ、頸椎を矯正してくれるそうです。

 

この湾曲は、数千にも及ぶ臨床結果に基づき決められたとか。手間暇かかってますね~。

 

 

 

k0498

 

 

 

ちなみにこの枕の中央部分にある凹みですが、ここに頚椎の部分をあてる感じになります。

 

頸椎のちょっと盛り上がってる部分がありますよね?特に頚椎7番は一番ボコっと出ています。

 

そこをこの凹みに合わせることによって、頚椎棘突起にあまり負担をかけずにスローコアピローPRO-EXを使える、というわけなんですよ。

 

 

 

特殊発泡ウレタン・特殊製法で10年使える!

 

 

k0499

 

 

この枕の素材に使われている特殊発泡ウレタンは、反発力が温度の変化の影響を受けにくいそうです。

 

そして、表面は弾力があって硬さを保ちつつ、内部は柔らかいという、一見矛盾するような性質を持っており、そのことによって使用感が向上しているとのこと。

 

たしかにこの枕、触ったときはちょっと硬いかな、という感じなんですよ。でも頸椎にあてて寝てみると、妙にフカフカ感を感じるんです。

 

使っていてキモチイイ、と思ってしまいますね。

 

 

また、このスローコアピローは10年へたらずに使えるそうです!これは凄いですよ。

 

だいだいこういう素材って、最初はいいんですがそのうちすぐにへたってしまいますよね。で、また新たに買う羽目になってしまうんです。

 

でも10年持てばたいしたものですよね~。枕の買い替え需要で商売する気はないようで、素晴らしい(笑)。

 

 

 

防汚・抗菌効果・撥水効果でどこでも使える!

 

 

k0500

 

 

 

まず防汚・抗菌効果はありがたいですね。毎日頭や首に触れるものですから、清潔であることに越したことはありません。

 

もちろん、毎日この枕を洗ったり拭いたりするのが一番理想ですが、面倒くさがりな方はそこまで丁寧に手入れをする気が起こらないかもしれませんね。

 

ですから、防汚・抗菌効果があれば、毎日手入れしなくても大丈夫という安心感があります。

 

 

 

ディンプル加工でお肌に優しいアプローチ!

 

 

 

k0501

 

 

 

ディンプル加工って、グリップ力がよくなるんですね。全然知りませんでした…言われてみれば、たしかに持ちやすいですね。

 

この加工がなかったら、ツルツルしてすべって落とすかもしれませんね。細かいところまで考えられています…

 

 

また、肌が接する部分の通気性がよくなるという効果もあるとか。

 

この枕を使ったスローコアエクササイズは、基本的には枕を頸椎部分にあてたまま行うエクササイズです。

 

ですから、汗を掻くことも十分に考えられますからね。そういう部分までしっかり配慮しているんですね~。

 

 

 

リブ加工で滑りにくい!

 

 

k0502

 

 

 

これはスローコアピローの底の部分ですね。この枕は単に頸椎にあててじっとしている使い方ではなく、エクササイズと一緒に使う枕。

 

ですから、エクササイズを行うと体が動くんですが、その動きと共に枕まで動いてしまうのでは、あまり意味がなくなってしまうんですね。

 

そこで、ちょっとした動きでも枕が動かないよう、リブ加工をして動きにくくしているんです。

 

 

k0503

 

 

 

なるほどね、言われてみないとわからない工夫ですね。こういう工夫の1つ1つの積み重ねが、多くの方に支持される製品を作り上げていくのでしょう。

 

 

 

適度な弾力で体圧分散!

 

 

k0504

 

 

 

このスローコアピローPRO-EXを使用する方は、首に何らかの違和感や痛みを覚えている方が多いと思います。

 

それなのに、この枕を使うことで首に負担をかけてしまっては本末転倒。

 

ですから、首に負荷がかかりにくいよう、体圧分散を考えて調整した硬さになっているそうです。

 

さきほども述べましたが、たしかにいい感じの柔らかさの使用感が得られていると思いますよ。

 

 

 

k0505

 

 

 

指で押すと、ソコソコの弾力を感じますが、首を乗せると上手く圧力が分散されています。

 

 

 

これぞ特許出願中、高さ調節が瞬時にできる!

 

 

 

k0506

 

 

 

この枕、高さ調節ができるんです。首にあてる方向によって、高さが変わるんですね。

 

これにより、さらに首にフィットする確率がグンとアップしています。

 

ここには書いていませんが、おおむね身長160センチ未満の方と160センチ以上の方で、枕の方向が変わります。

 

もちろん個人差もありますので、自分が使ってみてしっくりくる方向で構いません。そしてさらに微調整したい場合は、タオルなどで高さを調整するといいでしょう。

 

 

すでに実用新案登録済です。

 

k0507

 

 

現在、特許出願中ですが、すでに実用新案登録はなされています(第3153636号)。

 

特許は審査に時間がかかりますからね。さて、いつ頃特許が得られるのでしょうか?

 

それを待っている暇はないので(笑)、私は早速次回からスローコアエクササイズを行ってみることにします。

 

 

まずは、「超速スタートガイド」から始めてみましょう!果たして、私の首や体にどんな影響があるのでしょうか?

 

・続き:スローコアエクササイズの超速スタートガイド、やってみたんだけど…

 

 

 

タグ :

スローコアピロー

この記事に関連する記事一覧