ペリオバスター 効果 使い方

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

ペリオバスターNの効果的な使い方を聞いてきたので、口コミレポートします。

読了までの目安時間:約 8分

ペリオバスターN、入手してきました。

 

私は以前、歯が痛くて歯医者に駆け込んだことがあったんですよ。診察の結果、虫歯ではなく歯周病。

 

歯というよりも歯茎の部分が炎症を起こして痛んでいたようです。

 

そして治療の際、その歯医者で勧められたのが、「やくそうの島 天草社」が発売しているペリオバスターN。

 

 

ペリオバスターN

 

 

 

自然の成分でありながら、歯茎のトラブルにはかなりの効果があるとか。口コミもなかなかのものです。

 

その効能・効果としては、「歯槽膿漏の予防・口臭の防止・むし歯を防ぐ・歯肉炎の予防・口中を浄化する」と書いています。

 

 

 

k0256

 

 

 

医薬部外品ですから、効能・効果も記載できるんですね。

 

 

成分としては、「ヒノキチオール、アラントイン、ニンジンエキス、海藻エキス、アロエエキス」などが入っています。

 

スポンサーリンク

 

ヒノキチオールはヒノキから抽出された天然の成分で、抗菌作用・殺菌作用・消炎作用に優れています。

 

アラントインは穀物の胚芽部分などに含まれる成分で、止血作用や修復作用を有しています。

 

 

 

k0258

 

 

 

一般の歯磨き粉って、こんなものを口に含んで大丈夫なのか心配、という成分もあるとかないとか…

 

 

ニトログリセリンは狭心症の発作のときに、飲みこまずに舌の下に置いて成分を「舌下吸収」させますよね?

 

あれは、経口摂取よりも舌下吸収のほうが成分が体に素早く取り込まれるので、そのような飲み方になっているのです。

 

 

つまり、口の中で長時間何かを含む行為は、ある意味飲みこんでしまうより危険?

 

歯磨き粉は飲みこまないから大丈夫、というわけではないんです。口の中で舌下吸収状態になるので、歯磨き粉の成分こそ、安全性に気を付けたほうがいいんですね。

 

 

そういった意味では、このペリオバスターNは天然の成分のみで構成されていますので、副作用は非常に少なく、安全性は高いといえるでしょう。

 

 

 

k0257

 

 

 

ペリオバスターNは、どう使うと効果的なのか?

 

 

このペリオバスターの使い方は、一応裏に記載されています。

 

「口内へ数回プッシュし歯ブラシでブラッシングして下さい」との事。

 

 

 

k0259

 

 

 

本体にこう書いてあるんですから、これが普通の使い方なんでしょうね。

 

 

ただ私は、歯科衛生士さんからもっと効果的な使い方を聞いてきました。

 

 

それは、小さなお皿にペリオバスターNの液体を少し出して、歯間ブラシをその液体で浸して使う、という方法です。

 

そうすれば、より直接的に歯茎の炎症を起こしやすい部分にペリオバスターの成分が行き届きやすくなるとか。

 

そして歯間ブラシだけでなく、極細の歯ブラシを液体につけて、それを歯周ポケットの間に差し込んで磨くのもいいそうです。

 

 

この方法は、特に炎症の程度が強い部分にペリオバスターの成分をピンポイントで届けることができますよね。

 

歯茎で気になる部分があるなら、歯磨きするときにこの方法を試してみて下さい。

 

スポンサーリンク

 

 

ペリオバスターNは通販で買えるのか?

 

 

k0260

 

 

 

このペリオバスターN、手軽に通販で購入したいものです。

 

しかし、楽天やアマゾンなどをいくら探しても、同じものは市販されていませんね。

 

 

それもそのはず、この商品は上記の画像にもあるように、「歯科医院専売品」なのです。

 

しかも、どこの歯医者でも置いているわけではなく、販売元の会社と契約している歯医者でないと、入手できません…

 

 

お近くの歯医者さんに、ペリオバスターが置いているか問い合わせてみて下さい。

 

ちなみに価格は、2000円ぐらいだったと思います。ジェルタイプもあります。

 

 

 

追記:ペリオバスターNを販売してる「やくそうの島 天草社」が別途販売しているプレミアムナチュラルという製品があります。

 

 

 

k0466

 

 

 

こちらは市販されており、成分もかなりペリオバスターNに似ているのですが…どこが同じで、どう違うのかを記事にしましたのでご覧ください。

 

 

私のお口対策は2本立て。

 

私は、今はこのペリオバスターNと、別の記事でも書きましたがLS1乳酸菌との2本立てで歯周病対策を行っています。

 

ちなみにLS1乳酸菌は、口内環境を善玉菌優勢にして、歯周病の原因菌を減らしてくれる乳酸菌。

 

ペリオバスターで歯周病や虫歯の原因となる細菌を減らして、さらにLS1で善玉菌を投入して増やす、という感じですね。

 

 

この2つを始めてから、歯茎の痛みは激減しました。3ヶ月に1度受けている歯医者での検査も、歯周ポケットが浅くなってきているところが増えていますよ。

 

 

 

歯の健康は、失って初めてわかるありがたさ。歯周病は、進行すると歯が抜けてしまうのです…。

 

私は大切な歯を失いたくないので、せっせと対策を行っています。あなたも、あなたの大切な歯を守ってあげて下さいね。

 

 

(追記:乳酸菌入りの歯磨き粉があるというので、試してみました。「ブリアン大人用と子ども用の違いを比較してみた!」で詳しくレポートしましたので、良かったらお読みくださいね。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

お口対策

この記事に関連する記事一覧