尿路結石 ウラジロガシ 予防

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

尿路結石の予防に、ウラジロガシというサプリメントがいいと聞いたので…

読了までの目安時間:約 12分

いや~、尿路結石なんかなるもんじゃないね。

 

あなたも噂には聞いていると思います。尿路結石は痛い!と。

 

はい、痛いです!あの強烈な腎臓の痛み、もう体験したくない…予防できるなら予防しておいたほうがいいですよ。

 

 

私の、尿路結石体験談。

 

 

今から4年前ぐらいになるんでしょうかね、もう夜中の1時を回っていたと思います。

 

そろそろ寝ようかな、と思っていたら、トイレに行きたくなりました。そしてトイレでオシッコをして、部屋に戻りました。

 

 

しかし、たった今トイレにいったばかりなのに、またトイレに行きたくなったんですね。

 

で、またトイレに行ったのですが、今度は出ないんですよ。

 

 

これはおかしい、膀胱炎にでもなったのかな?と思っていたら、今度は左の腰のあたりが痛みだしました。

 

私は特に腰痛持ちではないのですが、たまに腰が痛むことはあります。あれっ、腰痛来たな…と思ったのですが、腰の痛みがなかなか引きません。

 

それどころが、徐々に痛みが強くなってきます。そしてその痛みが、ずーっと持続しているんですね。

 

スポンサーリンク

 

う~ん、何か変だな、単なる腰痛ではない気がする…はっ、これはもしかして腎臓の痛みではないか?

 

私はふと思い至りました。腎臓が急に痛む病気といえば、腎盂腎炎か尿路結石が思い浮かびます。

 

 

どちらにしても、それだったらすぐに病院で処置をしてもらう必要がある…そのようなことを考えているうち、ますます痛みが強くなってきて、私は痛いあまりに吐き気を催し、トイレに駆け込んで吐いてしまいました。

 

「トイレに駆け込んで」と書きましたが、駆け込むほどの元気はすでになく、這うようにしてトイレに向かったのですが…

 

 

時刻は夜中の1時台。病院に行くなら、救急外来に行くしかありません。

 

でも救急車を呼ぶのも何だし、自分で車を運転するには危険すぎるので(笑)、すやすやと寝ていた家族を叩き起きして、事情を話して車で救急外来に連れていってもらいました。

 

 

その間もずっと痛いんですよ。病院では、自力で動くのも大変だったので車いすでの移動でした。

 

病院で診察してもらい、レントゲンなどを取りました。症状としては尿路結石だろうとのこと。しかし、レントゲンに石は写っていないそうです。

 

おそらく、レントゲンに写らない程度の大きさの石が尿路にひっかかっているんだろうということでした。

 

 

私はそのまま病院のベッドで一夜を過ごすことになりました。

 

いろいろ点滴や痛み止めなどの措置がなされましたが、やっぱり痛みはおさまらず、私はベッドの上でもがき苦しんでしたのです…

 

 

そしてようやく明け方になって、痛みがやわらいできました。薬が効いてきたのでしょうか?そしてほどなく、痛みはスッと抜けていったんです。

 

痛みもなくなったということで、私は明け方に退院しました。そして自宅に戻ったんです。

 

 

一晩中痛みと格闘していたため、体力は消耗していましたが、痛みは自宅に戻っても出ませんでした。

 

ただ、何回も何回もオシッコに行きたくなり、しょっちゅうトイレに駆け込んでいましたね。

 

点滴の成分に利尿作用でもあったのでしょうかね。

 

 

その日は日曜だったため、翌日の月曜に改めて泌尿器科で診察を受けました。

 

そのときはエコー検査などもしたのですが、やっぱり石は見当たりませんでした。

 

あれから全く痛みもないため、おそらく石は小さな石で、もう尿路から膀胱に落ちて体外に排出されたのだろう、ということ。

 

 

ああよかった…尿路結石は男性に多く、男性の10人に1人が発症するという、メジャーな疾患です。

 

でも、まさか自分がそういう目に合うとは…突発性難聴のときもそう思いましたけどね(笑)。

 

 

もうこの痛みは二度と体験したくない…

 

 

 

その「二度目」がやってきた!

 

私の思いも空しく、「二度目」は容赦なくやってきました。

 

 

最初に尿路結石を発症して1年後、私は尿道あたりに違和感を覚えたんです。

 

トイレに行きたい、という感じでトイレに行ったのですが、あまり尿は出ません。

 

 

 

「ん、この感覚は前にも経験したような…そうだ、尿路結石のときだ!

 

スポンサーリンク

 

 

私の勘は外れて欲しい、でも当たるんだろうな、そう思っていたら、左の腰のあたりが何だか痛くなってきました。

 

ああ、このデジャヴ感、間違いない…私はすぐに水を飲み始め、そしてその辺りをウロウロして足踏みを始めました。

 

 

「尿路結石になったら、多くの水を飲んで石を押し流す」「階段の上り下りや運動など、体に振動を与えることによって詰まっている石が動き、体外に排出されやすくなる」

 

 

このような知識を、前回の尿路結石で学んでいました。ですから私は、少しでも早く石を体外に排出すべく、水を飲みながら身体を揺らす作戦に出たんです。

 

そして家族に、「また尿路結石かもしれない」ということを告げ、もしそうだったらまた病院に連れていってもらえるよう、頼みました。

 

 

さて、私の賢明な自助努力も空しく、左の腎臓の痛みは増すばかり。ついに私はギブアップして、病院に連れていってもらいました。

 

このときの時間は夜8時。今回もまた、救急外来です。

 

 

さて病院について、診察を待っていたところ、私の体に異変が起こりました。痛みが徐々に和らいできているのです。

 

そして先生の診察を受ける頃には、痛みがすっかり治まってしまいました。

 

おおっ、さきほどの「大量の水飲み+その場ウロウロ作戦」が功を奏したのか?

 

 

痛みが治まったので、そのまま帰宅することに。念のため翌日、泌尿器科で検査を受けました。

 

すると、やはりエコー検査では、左の腎臓や尿路には何も映らず。今回もすぐに石は排出されたようだ、という結論でした。

 

 

しかし!右の腎臓に2つ、小さな石がエコーで発見されたんです…この石が腎臓から落ちてきて尿路に詰まったら、また痛みが出るだろうとのこと。

 

しかも、いつ落ちてくるかはわからないそうで…

 

うおお、右の腎臓に結石爆弾を抱えているのか~!

 

 

これってイヤなもんですよ~。あの痛みをまた味わう可能性が低くない、そしてそれはいつ来るかわからない…

 

何かいい予防法はないものか、普段から多くの水を飲む以外に何かないか探してみたら、このウラジロガシに出会いました。

 

 

 

ウラジロガシのサプリメントで結石を予防・縮小できる?

 

 

 

k0341

 

 

 

ウラジロガシには、結石を溶かして小さくする作用がある、とのこと。

 

しかもこのウラジロガシ、「ウロカルン」という製品名で尿路結石の薬としても使われているんですよ。

 

 

「薬」として使われるものは、副作用も強いのであまり使いたくないのですが、ウロカルンは薬としてはごく弱い作用しかないそうですし、何よりもう「アノ」激痛は経験したくないですからね。

 

そこで私は、このウラジロガシをしばらく飲み続けました。

 

 

だいだい2か月ぐらいは飲んだでしょうか。2度目の再発をしてから現在まで3年ほど経ちますが、幸いにもその後は尿路結石にはかかっていません。

 

でも、右の腎臓にある結石爆弾がもう流れていったのかは、不明。あれから検査を受けていませんからね。

 

また、新たな結石が生じているかも、不明。

 

 

そしてウラジロガシは、現在は飲んでいません。喉元過ぎれば…という諺が頭に思い浮かびます(笑)。

 

予防のためには、飲んでおいたほうが良さそうですが。

 

 

 

ウラジロガシのサプリメント

 

 

 

予防のためには、あるいは結石になってしまったら、水分を多く取ることが大事。

 

私はもともとあまり水を飲まないので、水分は多めに摂ろうと心がけていたのですが、これも徐々に忘れていました(笑)。

 

今は水素水や水素サプリをいろいろ試していますので、それに伴って水分もまた多く取ろうと思います。

 

 

あなたも尿路結石はご用心…もし結石が小さい場合は、「水分を多くとる」「飛び跳ねたり階段を上り下りして身体に振動を与える」などで石が流れる可能性もありますから、覚えておいて下さいね!

 

 

スポンサーリンク

 

サプリメント サプリメント タブレット

この記事に関連する記事一覧