梅肉エキス 紀州の赤本 ムメフラール

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

「紀州の赤本」の梅肉エキスは、ムメフラールが多いんですって。

読了までの目安時間:約 8分

以前、梅肉エキスのことは一度採り上げました。あのときは、手元に梅肉エキスの粒タイプしかなかったのですが、今回ペースト状のものを購入しましたので、梅肉エキスに再登場してもらうことにしました。

 

今回は「紀州の赤本」の梅肉エキス。

 

 

梅肉エキスと言えば、梅丹本舗が一番有名でしょう。でもこの「紀州の赤本」も、割と知られているのではないでしょうか。

 

ただ、私は「紀州の赤本」のは、今回初めての購入でした。

 

スポンサーリンク

 

 

紀州の赤本 梅肉エキス

 

 

 

何となく、「赤本」という響きが好きです(笑)。「赤本」と聞くと、大学入試の過去問集を思い出すのですが、その頃の思い出と相まって、何となく懐かしいような、ほろ苦いような青春の思い出が蘇ってくる感じですね。

 

 

k0631

 

 

 

 

ムメフラール関係は、特許が絡んでいる?

 

 

さて、梅肉エキスと言えば、「ムメフラール」。梅肉エキスにしか含まれていない成分で、血液をサラサラにしてくれるということで一時期有名になりましたよね。

 

梅自体には含まれておらず、梅を煮詰めて梅肉エキスを作る過程においてできる物質です。

 

 

 

k0632

 

 

 

上記の写真の下のほうに、「ムメフラール特許番号 2979305」と書いていますね。

 

何か調べてみたら、「梅肉エキスから抽出された血流改善効果を有する新規化合物」ということで、特許登録されていました。

 

 

そして特許を取った新規化合物の効果として、こんなことが書かれています。「本発明によれば、新規物質であるヒドロキシメチルフルフラール誘導体が提供される。この化合物は、血液の流れを改善する効果を有することから、血流改善剤として用いることができる。この化合物を日常的に摂取することにより、血栓の形成などを予防することができる。」

 

 

そしてこの特許は、通常の特許ではなく「開放特許」となっています。特許権者が使用を認めれば、他の者もこれを使用することができる、とのこと。

 

 

 

k0633

 

 

 

正直、よくわかんないです(笑)。梅肉エキスにはムメフラールが含まれているのですが、その成分が特許になったのでしょうか?そしてそれは、開放特許であるものの、特許権者の許諾が必要?

 

 

…たぶん、これは間違った理解なのでしょう(汗)。昔から梅肉エキスはありますし、その中には昔からムメフラールが含まれていたはずです。

 

ですから、その梅肉エキスを作るに際して、特許権者の許諾がいるなんて、ちょっと考えられませんからね。

 

 

この「紀州の赤本」の梅肉エキスに含まれるムメフラールは、通常よりも3倍も多いそうです。こちらのほうは、製造特許を取っている手法(特許3942352号)により、3倍の量を実現しています。

 

スポンサーリンク

 

 

k0634

 

 

 

紀州の赤本、気になる中身は?

 

さて、中身を出してみましょうか。

 

 

 

k0635

 

 

 

箱の中から、瓶が出てきました。

 

 

 

k0643

 

 

 

なかなか可愛らしい瓶が登場。70g入りで、コンパクトな瓶です。

 

その蓋を開けると…

 

 

k0637

 

 

 

中蓋が閉まっており、まだ中身は登場しません。もったいぶりおって…

 

 

 

k0638

 

 

 

はい、今度こそ梅肉エキス登場~。真っ黒なエキスですね。

 

 

 

k0639

 

 

 

スプーンですくってみました。糸を引くように、トロっとしています。

 

 

 

k0640

 

 

 

 

ここまでスプーンを持ち上げても、まだ梅肉エキスは糸を引いています!これは食べにくい(笑)。

 

 

このままスプーンのエキスを舐めると、そりゃもう酸っぱいです。私は梅肉エキスの酸っぱさに慣れていますが、それでも相当酸っぱさを感じますね。

 

まあ、お湯に溶かして飲むのがいいと思います。それでも酸っぱいけど。

 

 

 

k0641

 

 

 

1回3gを目安に飲むといいそうです。これは70g入りなので、23.333333…回分の分量なんですね(笑)。

 

いや、瓶の中にはスプーンで掬いきれないエキスが1gぐらい残るはずだから、そうすると正味69g、きっちり23回分かも!

 

…いやいや、瓶に残った分はお湯を入れて溶かして飲めばいいので、やっぱり23.333333…回分ですよ(どうでもいい…)。

 

 

 

k0642

 

 

 

私はこの梅肉エキスを常飲しているわけではなく、お腹の調子が悪くなったときや、肉類を食べ過ぎたようなときに飲むようにしています。

 

以前ノロウィルスに感染したときも、この梅肉エキスは私を助けてくれました。

 

困った時の梅肉エキス。いつでも常備しておきたい一品ですね。

 

 

関連記事: 慢性的な下痢・軟便の男が梅肉エキスを飲んだら…

 

 

スポンサーリンク

 

タグ :

健康食品

この記事に関連する記事一覧