L型発酵乳酸カルシウム 効果

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

L型発酵乳酸カルシウムで健康になれるなら、なりたいですよね。

読了までの目安時間:約 5分

はい、体によさそうなものは何でも取り入れちゃいますよ~。

 

日本人はカルシウム不足というのは耳にしたことがあると思います。たしか、推奨量に100~200mgぐらい足らないんでしたっけ。

 

他のミネラルやビタミンは推奨量に足りているのに、カルシウムだけは足らないんですよ。

 

(もちろん、この「推奨量」というのも根拠があいまいなのですが…でもカルシウム不足というのは本当だと思います)

 

 

そこでこのカルシウム不足をしっかり補えるのが、L型発酵乳酸カルシウムです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

k0468

 

 

 

通常のカルシウムとどこが違うかというと、水溶性のカルシウムである、という点。

 

体の吸収率が通常のカルシウムの3,800倍あるそうですので、しっかりカルシウムを補給できます。

 

 

良く言われていることなんですが、例えば牛乳にはカルシウムが含まれていますが、牛乳を飲んでもカルシウムの吸収率はそれほど良くないんですよね。

 

そもそも牛乳については、実はそれほど身体によくないものなのではないか、という議論もあります。

 

ここでは牛乳の是非についてはとりあえず置いておきますが、このL型発酵乳酸カルシウムを使うと、牛乳をそれほど飲まなくてもカルシウムが補給できるんですね。

 

 

k0469

 

 

 

このL型発酵乳酸カルシウムの作り方ですが、サトウキビの糖分に乳酸を加えて発酵させて作るそうです。ですから危険性はほとんどなく、安全な食品といえるでしょう。

 

そして使い方ですが、お米を炊くときに一緒に入れて炊くと、特に意識せずにカルシウム補給ができますよね。

 

 

NICHIGA L型発酵乳酸カルシウム

 

 

スポンサーリンク

 

私が購入したのは、NICHIGA(ニチガ)というブランドのもの。

 

スカイカルシウムというのも有名らしいし、サプリタイプのものもあるのでしょうが、今回はこちらにしてみました。

 

 

 

k0471

 

 

 

中身の粉は真っ白。だいだい13%程度がカルシウムだそうなので、1g食べると130mgのカルシウムが補給できる、ということになりますね。

 

 

これを直接口に入れてみましたが、これは正直おいしいとは言い難い…食べられないことはないですけどね。

 

何か苦味というか、何かが口の中に結構長く残ります。口コミでも、そういう評価がありますよね。

 

ですから、やはりお米に入れて炊くとか、他の食べ物に混ぜて使うのがいいと思いますよ。

 

 

 

k0472

 

 

 

そもそもL型発酵乳酸カルシウムを知ったのは、こちらのページを読んだのがきっかけでした。

 

河野貴希さんという方が、「良質のカルシウム(水溶性カルシウム)が必要な分だけ身体にあると、元気で過ごせる」と言ってるんですね。

 

骨粗鬆症を防げるとかその程度のレベルではなく、元気に過ごせるというような効果があるなら、生活に取り入れてみようじゃないの、と思いました。

 

 

まあ、そもそも河野貴希って誰?という話はあるんですが(笑)、これまた長くなりそうなのでその話はまたの機会に。

 

 

 

k0473

 

 

 

まだ届いたばかりで、スプーンですくって直接舐めただけなんですけど、これからはお米と一緒に炊くなど、毎日L型発酵乳酸カルシウムを補給して、体に蓄積していきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

 

健康食品

この記事に関連する記事一覧