スローコアエクササイズ 超速スタートガイド

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

スローコアエクササイズの超速スタートガイドをやってみたんだけどね…

読了までの目安時間:約 6分

どうも、ミスターヨクナルです。

 

この間から、スローコアピローを買って頸椎を矯正しているんですよ。

 

そのことはこちらの記事で書いていますので、参考にしていただいて…

 

 

今日は「スローコアエクササイズ 超速スタートガイド」に従ってエクササイズを行ってみたいと思います。

 

 

スローコアエクササイズ 超速スタートガイド

 

 

 

こちらがスタートガイドの表紙。全部で6ページと、短い記載になっています。

 

そりゃまあ「超速」ですからねえ。スローコアピローが届いてすぐに始められるよう、スローコアエクササイズのほんのさわりの部分が載っているに過ぎません。

 

なお、ここで使った「さわり」の意味は、誤用のほうの意味ですよ(笑)。導入部分、という意味です。

 

 

 

k0511

 

 

 

本来は、上記の画像のように、「スローコアベーシック」「スローコアパートナー」「スローコアトレーニング」といった、3つのエクササイズが用意されています。

 

それぞれテキストやDVDがついています。でもそれをしっかり見て行う前に、手っ取り早くスローコアの威力を感じてもらおう、という趣旨で、超速スタートガイドがついているんですね。

 

 

 

k0510

 

 

 

でも「超速」といっても、いくつかの注意点が記載されていますから、それを守って行うことが大事。

 

まずは付属の枕の高さを調整します。枕の方向によって、高さが変わりますので、自分に合った高さに合わせて下さい。

 

 

 

k0512

 

 

 

目安は上記の写真のように、後頭部が床につかない程度の高さに調整します。

 

前にも書きましたが、「枕」といっても頭を乗せるわけではなく、首の部分を乗せます。

 

そして頭の重さで頸椎を牽引して、ストレートネックを矯正するんですね。

 

 

 

k0513

 

 

 

床はそこそこの硬さの場所がいいようです。あまり硬いとゴツゴツして痛いですし、柔らかすぎると枕の牽引効果が薄れるということでしょう。

 

 

 

k0514

 

 

 

そして最後にさわやかなお姉さんが、エクササイズの際に気をつけるべき点を教えてくれます。

 

では早速、エクササイズをやってみましょう。

 

 

 

スローコアエクササイズ、開始!でもちょっとこれは…

 

 

 

k0515

 

 

 

では実際に超速スタートガイドに載っているエクササイズを行ってみましょう。

 

エクササイズそのもののやり方をここで載せるのはちょっとマズいかもしれませんので、モザイクかけます。申し訳ない…

 

 

 

k0516

 

 

 

この「超速スタートガイド」には、スローコアピローを使ったエクササイズが全部で7つ載っているんです。

 

全部行っても10分かからないでしょうね。これを私はやってみたのですが…

 

 

う~ん、正直イマイチだったんですよ。枕のフィット感は良かったんですが、エクササイズってそんなにいいかな?って感じでした。

 

 

 

k0517

 

 

 

この超速スタートガイドのエクササイズは、「スローコアベーシック」の一部を取り上げた内容だったようです。

 

せっかく購入したのだから、まあとりあえずベーシックのほうもやってみましょうかね。

 

そっちは解説DVD付ですから、DVDを見ながら。

 

その続きは、また次回ということで。

 

 

そして私はベーシックをやってみて、先ほど下したイマイチという評価が大きく覆されるのであった…

 

 

スローコアピロー

この記事に関連する記事一覧