ビタミンC DHC

サプリメントで健康を~リラックス健康研究所~

DHCのビタミンCを開けてみて気づいたことがある。前からこうだったっけ?

読了までの目安時間:約 5分

はいどうも、ミスターヨクナルです。

 

やっぱり冬は寒いですな。いくら暖冬とはいえ、寒いものは寒いのであります。特に冷え性の方には、こたえるものがありますな。

 

寒くなると流行るもの。それは、風邪・インフルエンザですね。流行を先取りして、いち早く風邪を引いた、なんて方はいませんか?

 

私が風邪対策のための重要アイテムとして一押ししたいのが、ビタミンC。

 

 

DHCのビタミンC

 

 

特にメーカーにこだわりがあるわけではないのですが、私はDHCのビタミンCをメインに使っています。まあ安いですからね。

 

袋には、1日2粒を目安に飲むよう書かれています。

 

 

CA3I0092

 

 

1粒にビタミンCが500mg含まれていますので、2粒飲むと、ちょうど1gのビタミンCを摂取することになりますね。

 

 

風邪を引いたときにはドカンと飲め!

 

しかし!風邪を引きかけたとき、そして風邪を引いちゃったときは、そんなチマチマした飲み方ではいけませんぞ。

 

1回に飲む量は1gでいいのですが、風邪の症状が治まるまで1時間おきに1g飲むのです。

 

それを数回繰り返すと、風邪の引き始めなんかは、これ以上の風邪の悪化が止まることもしばしば。

 

本格的に引いちゃったときも、回復が早まることも多いです。

 

 

 

CA3I0096

 

 

(なお、この飲み方をDHCが推奨しているわけではないので、誤解のないようお願いします)

 

 

 

この飲み方は、ライナス・ポーリング博士が推奨した、風邪を引いた時ビタミンCの飲み方なんですよ。

 

ポーリングって誰やねん、と思ったあなた、この博士はですね、2回もノーベル賞を受賞した、とんでもないお方なのですぞ。

 

そのポーリング博士が、上記の飲み方でビタミンCを飲むと、風邪を退治できる、と言ったのです。

 

そして自身が、毎日大量のビタミンCを摂取して、93歳で天寿を全うしました。

 

スポンサーリンク

 

この主張は、医学界から攻撃を食らったりもしたのですが、それでもまだ現在まで根強く残っているんですよ。

 

私自身、この飲み方を実践すると、風邪が悪化しないという体感をしていますので、私はこのビタミンCの大量摂取には意味があると思っています。

 

 

 

CA3I0095

 

 

ところでこのDHCのビタミンC、前からこうでしたっけ?

 

カプセルに、何か文字が書かれていましたっけ?

 

 

CA3I0099

 

 

「DHC」とは書かれていたような気がしますが、「ビタミンC」までは書かれていた記憶がない…

 

まあ、普通はカプセルに何が書かれているかなんて、気にせず飲んでしまいますからね。

 

そして、中身もちゃんと所定のビタミンCが入っているという前提で、何も考えずに飲んでしまいます。

 

 

一応、飲み過ぎに注意…

 

ビタミンCは水溶性のビタミンですから、仮に飲み過ぎても体内から水と一緒に排出されるだけで、特に問題ありません。

 

ただ、飲み過ぎると時々お腹が下ることがあるので、その点は注意ですね。

 

 

まあとにかく風邪の時には重宝するビタミンC。私は外出するときにも持ち歩いています。

 

「おっ、やばい…」と風邪の兆候を感じたら、すかさず飲む。これを習慣にすれば、あなたも風邪とサヨナラできるかも?

 

スポンサーリンク

 

 

 

サプリメント サプリメント ビタミン剤

この記事に関連する記事一覧